智イベントレポート

 


1999年9月19日(日) 仙台マカナ
TOMO夏’99SSS


 

今日はTOMO夏ファイナルだ!仙台だ!

余裕で起きたつもりだったけど親にちょっと用事を頼まれてぎりぎりだった。
大宮での新幹線乗換え時間が2分!走った走った。んで飛び乗ったら「こまち」の車両。
乗る予定だった「やまびこ」は後ろの方らしい。ってそっち行けないじゃん!仕方ないの
で「こまち」の自由席へ。指定席とってあるのに(;_;)

仙台でエアリアルさんとあき@足フェチと合流。しかし誰も仙台マカナの場所を知ら
ない(^^; まったく調べとけよ<自分

仕方ないのでうろついた挙句,本屋で確認。目星をつけて行く。が、通りすぎてしまった
らしい(^^; 既に何人かいなければ分からなかったぞ。智の字もないし小さくMACANA
と、書いてあるだけだ。

まだ、時間にかなりの余裕がある。どうしようかと思っていると中から朝倉先生が出て
くる。得意の3枚舌でいろいろと話す。ここでは書けない内容が多いので割愛(^^; 撮遊
会どうしようかとか、「ねむりのもりのひめ」良かっただろうとかいう話しもしてたかな?
しきりにグミちゃんを誉めてました。ちなみに本公演の原稿はようやく半分上がったとか
で明日からちゃんとした稽古をするそうです。すげ〜眠そう。

しかし、朝倉先生の女性の好み談義には参った。なるほどそ〜いうことだったのかあ。
どーりで(謎 う〜む,こんな人に智ちゃんを任せて良いのだろうか?(爆)

朝倉先生が戻って行ったので我々も腹ごしらえをする。

17時を過ぎてようやく人が集まりだす。しばらくしてチケットを引き換える。前と同様33
番だ。まだ時間があるので周囲を散策すると、すぐ近くに花屋がある。どうしようか迷った
挙句、花を買ってしまう。いつ渡そうかなあ?よし、ファイナルだし、できればステージで!

17:30から整列。思ったより人いるなあ。100人以上いるんじゃないか?最前列は無理か
なあ?

18:00開場。中に入ると最前列はほぼ埋まっているが、右端がかろうじて空いている。
右側の前の方は死角になるのだ。だが、一人分はまともな位置が取れそうなのでそこに
する。何せ最前列でないと最後に花が渡せないのだ(^^; うむ、満員御礼ってとこか。

しかし、良く見るとこの席の頭上にはスピーカーが。ジャンプすると確実に殴る。まあ、
しょうがないか。隣にはIさん。・・・何故カウボーイハットなのだろう?

今回のツアーにしては珍しく、15分ほど遅れてスタート。智ちゃん、客が近いのでちょっと
びっくり。むむむ、ここの席より2列目の真ん中の方が智ちゃんに近い気がする。
そして,やはり思う。やっぱり左側の方がいいなあ。なんとなく。いつも左側にいるから
違和感があるのかなあ?

あまりにも端っこだったので今回は目線はさすがに少なめなだった。ちょっとは見てくれ
たけど(^^;

それに隣のIさんが目立ってたしね(^^; 途中Iさんが智ちゃんに「失敬だな君は!」と、
言ったら、智ちゃん気に入ったらしく,頻繁に使ってました(^^;

さすがにファイナルということで盛り上がりもかなりのもの。智ちゃんもハッスル(死語?)
したせいか最初に足をくじきそうになってました。ステージにはじゅうたんみたいのが敷い
てあるんだな。でも、そんな底の高い靴履いてるからだゾ>智ちゃん。

智ちゃん衣装替え。青のエナメル?になる。おや?なんか歌いながらチャックを気にし
てるぞ?

と、思ったら、MCでチャックを上げ忘れて出てくるところだったとか言ってたっけ。
ちなみに今回のある日の出来事はパーカッションの鈴木高雄さんが一言言いたいという
ことでその話。なんでもインターネット見てたらTOMO夏レポで自分のことを「ぽんぽこを
叩いてる人」とか書かれたとか憤慨してました。「神津さんは神津先生とか書いてあるのに
ぽんぽこはないだろうぽんぽこは。」と主張。「私には高雄って名前がある。みんな呼ん
でくれ〜。」と要求(^^; みんなして「たかお〜。」(笑)

でも智ちゃんは「ぽんぽこ、ぽんぽこ」と喜んで呼んでるし(^^;

どっかで見た記憶があるなあと思ったらKNIさんのページだったらしい。私はパーカッション
と書いたハズだ。名前は書かなかったけど。神津先生は書いたっけ。そうそう、今日は随分
二人のコーラスが強かったけど神津先生のコーラスはやめて〜!ってくらい下手だった(^^;
自分で耳抑えてたから自分の声が聞き取れていなかったんだろう。

リクエスト大会では、「私の彼はパイロット」「天使はエスケープ」「夢してコミュニケーション」
「君忘れじのマンハッタンジルバ」「たそがれロンリー」だったかな?ジルバとロンリーは智
ちゃん自身のリクエスト。でもマンハッタンジルバは歌詞を覚えてなかったらしい(^^;
つーかたそロン以外は客に助けてもらってるし(笑) 私のリクエストは聞こえなかったみた
い(;_;) まあ、あの状況じゃしょうがないか。私の喉も苦しかったしね。

水鉄砲もあり。今日は最後に一撃をくらい満足。<ん〜,何か危ない。

3着目の衣装替え。出てきてから今度は胸の辺りを気にしてる(^^; どうやらちょっとずり上
がってきたらしい。ささっと治す仕草が愛らしい。

アンコール。「サファイアの夜」注意してみているとやってくれました!オリジナルの振り!
思わず拍手しちゃったね私は。う〜ん,かわいいぞ〜。ちなみに後で聞いたら「やるつもり
はなかったんだけどいつのまにかやってたの。」とのこと。なんか得した気分(^^)

そして、「ひたすら前向きに」ドキドキしながらを花束を用意する。歌い終わって、挨拶のあと
予定通りに鈴木さんと神津さんが引っ込み、智ちゃん一人に。Iさんが場所を替わってくれた
ので「智ちゃんファイナルおめでと〜!」と言って花束を渡す。やった〜!渡せた〜!嬉し〜!

これで最前列を取った甲斐があるってもんだ。ああ、これで満足。今日はいい気分で帰れそう。

外へ出て、水分補給をしてると、すぐに智ちゃんが出てきた。お、大阪撮遊会の時着ていた
服だ。こないだ自分で買ったというハートのペンダントをしている。とりあえず「お疲れ様〜」
と、さ〜っとタクシーに乗って行ってしまった。時計を見ると20:42だ。あれだけ急いでるところ
を見ると私の1本前の20:58ので帰るのかな?じゃあ仙台駅では会えないなあ。

仕方なく徒歩で駅へ。智ちゃん電車に乗った頃かなあ?と、思いきやエスカレーターで
智ちゃんとすれ違う。!?智ちゃん?どうやらやっぱり最終の新幹線に乗るらしい。
あ、渡した花束持ってない。ちょっとがっかり(;_;) 車に置いてきたんだそうだ。

智ちゃんとはどうやら隣の車両のようだった。とりあえずおとなしくしておく。と、智ちゃんが
デッキの方へ歩いてきた。私はデッキ近くの通路側だったので思わず智ちゃんと目が合う(^^;
手を振ると振り返してくれた。わ〜い!(^o^)/~携帯をかける場所を探していたらしい。む、
ちょっと気になる。それにしてもびっくりした。あ〜、どきどき。これ以後もう来ないだろうとは
思っても寝ることなんかできなかった(^^;

東京着。向こうの出口のほうが近いのでてっきり向こうから降りると思っていたのがいきなり
真後ろに智ちゃんが現れて三度びっくり。東京でもお見送りができて嬉しかった〜。
もう上機嫌。結局終電に間に合わなくてタクシー使う羽目になったけどうきうき気分でぽんと
タクシー代を払ったのでした。ああ、我ながら単純。